2007年02月18日

テガミバチ1




 というわけで。復帰第一弾はコレです。

 この方の絵はとても大好きだったんですよ。
 だけども、話の方がいまいち好みではなく、「ファンタジー描いてくれればナァ〜」と夢見ていたら、本当に描いてくれました!
 毎月、月ジャンをむさぼり読んでましたよ!

 ストーリーは、アンバーグラウンドという土地にて、「テガミ」を届けるテガミバチのお話です。
 テガミバチのゴーシュは、ヨダカ地方コーザ・ベルにて配送があるはずの「テガミ」を捜します。
 テガミはポストにあるはず。
 そのポストには、1人の男の子が。
 男の子の名前はラグ・シーイング。
 彼をキャンベルという地方都市へと「配達」するのがこのお話の始まりです。
 アンバーグラウンドは円形の地形で夜が明けない世界。その中央を照らすのは人工太陽。
 人工太陽に一番近いアカツキ、アカツキから川?を隔てて夕暮れ色に染まるユウサリが周囲を囲み、そこからさらに川を隔てて日の光が少ししか届かないヨダカが取り囲みます。
 ヨダカは危険な生き物がたくさんいて、テガミを届けるのもひどく大変です。
 ゴーシュはその危険な任務を成し遂げ、ラグをキャンベルに送り届けました。
 そんなゴーシュの旅立つ姿を見て、ラグは「僕もテガミバチになりたい!」と、ゴーシュの背中に向かって叫びます。
 そして5年が過ぎました。
 今度はラグから話が始まります。

 世界設定とギミックがとてもとてもステキです。
 絵と相まって、実に魅力的。
 この最初の話の後、ラグが途中で出会う摩訶(マカ)の子「ニッチ」もとてもカワイイ!
 いわゆる萌えです。

 まだ冒険は始まったばかりですし、長く楽しませてもらえそうなマンガです。
 実にオススメ。

====
BookData
 ジャンプ・コミックス
 著者:浅田弘幸
 本体価格:438円 (税込459円)
 出版社:集英社
 サイズ:コミック
 ページ数:187p
 発行年月:2007年01月
 ISBN:9784088743127
posted by さざなみ at 23:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】少年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お久しぶりです

 うそみたいに間を開けてしまいました。申し訳ありません。
 こっそり再出発です。
 去年の夏、派遣先が変わり、上の人がとんでもないパワハラの人だったのです。
 パワハラを2ヶ月に渡って受けていた結果、うつを患ってしまいました。
 「**時までにやってね」と言われた仕事のことを思い出すと食べたものを吐きそうになるという状態。
 ちなみにその人、隣の席なんですが、私が吐き気を我慢して仕事をしているのを見て見ぬふり。
 9月まで、忙しいのも相まって死んだように生きてました(嘘でなく、白髪がすごい増えましたよ!)。
 そのさらに上の人がその状態を見て取り、グループ替えをしてくれたのが10月。
 そこから、プチなうつの自主リハビリをこつこつやりまして、ようやくこのブログも更新できそうな心持ちになりました。
 「いつかブログに書こう」という本は、30冊くらいあります(それでもかなり省いているので、本当は60冊くらいありそう)。
 まぁ、ぼちぼち復活して行けたらなーと思います。
posted by さざなみ at 22:56| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

BAROQUE1

 
 シリウスで書いていたんですねぇ。
 知りませんでしたよ。ノーチェック。
 主人公の温くんは5歳頃までは神童と呼ばれていたけども、今では冴えない地味な高校生。
 そんな彼の元に、怪しげな金髪美少女が。
 彼は温くんに謎の美少女の翼ちゃんが。
 彼女は、ほとんど初対面の温を誘ったり、意味深な行動をしまくるわけだ。
 しかしその正体は、平行世界からやってきた神様...?
 とまぁ、SFテイストなファンタジーなお話です。
 
 さりげなくアクションテイストが入るのは、この方のマンガ全般に言えることですが、少年誌掲載ということで、その色が更に色濃く表れております。
 確かに新境地。
 へんちくりんな小川さんカラーは健在なので、少年誌ということで敬遠せずに読んでみてもよいのではないかと思います。

 個人的には、シュガーシロップのほう、続き書いて欲しいなぁと思ったり。
====
BookData
 シリウスKC
 著者:小川彌生
 価格:本体価格533円(税込559円)
 出版社:講談社
 サイズ:コミック/194p
 発行年月:2006年08月
 ISBN:4063730352
 By.楽天ブックス
 公式ホームページ:EXTRA HEAVY SYRUP
posted by さざなみ at 23:06| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 【本】少年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

サプリ4

 
 ハーイ。サプリですよー。
 なぜか楽天ブックス、この画像でかいです。
 
 えーと、まず。
 荻さんとの関係が終わります。
 まぁぶっちゃけ、荻さんの「男の事情」ですよね。
 結局はミナミちゃんのこと、あまり見てなかったんでしょう。
 そこんところを解ってしまったミナミちゃん。
 結局は泣いてしまうのだが。

 えーと。まぁ。大変だ。
 でも仕事は待ってくれないのだ。
 仕事はこなしても、なにか掴まるモノがほしい状態。
 フラフラしていても、時は止まらないしね。
 んー。個人的には、佐原さん悪くないんじゃないかなぁと思うのだが。
 でも、イシダがいいなぁ。
 うん。イシダだよ!

 ちなみに。
 ドラマは見てません。イシダとミナミちゃんがくっついて終了なんだろう。
 荻さんが瑛太ってのも解せない。なんだそれ。なめんなよ!
 ドラマ化を素直に喜べない原作ファンのぼやきでした。

 それはおいとき、原作の方は頑張ってください。
====
BookData
 著者:おかざき真里
 本体価格:933円(税込979円)
 出版社:祥伝社
 サイズ:コミック/182p
 発行年月:2006年07月
 ISBN:4396763859
 By.楽天ブックス
 公式ホームページ:CAFE MARI
posted by さざなみ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】少女マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

しゃにむにGO23



 書いたと思ったら、これまた書いてなかった!
 ショックを受けつつ書きます。かきかき。

 ルゥイvs延っちの続きから。
 ルゥイは延っちに勝ち、安堵する。
 そんなこんなで、県大会は終了。

 んで。こっからが本番!
 今回は、ひなこちゃんが主役なのだ。

 延っちは、ひなこちゃんの弟から、駿くんとの結婚どーのこーのを聞いてしまう。
 そして、長い長いスランプに。
 延っちのモチベーションはひなこちゃん。
 それを放っておいたら、次の大会はとんでもないことに。
 それを考え、池やん先生はひなこちゃんにマネージャーを辞めさせる。
 ショックで頭の中ぐるぐるのひなこちゃんは、走ることのできる延っちすら疎ましく。
 家に帰り号泣。
 このままではお互い弱くなる。
 ソレを思いながら、ひなこちゃんは車いすテニスという新しいスポーツを見つけ、体験し、ひとつ気持ちが脱皮します。

 リハビリって、とても大変なんだろう。
 私は歩けるからよく解らないけども、努力してそれを見せていなかったひなこちゃんはとてもえらいと思うのだ。
 今立ち直っているひなこちゃんには是非幸せになって欲しいなぁ。
 相手が駿くんでも延っちでも。

====
BookData
 花とゆめcomics
 著者:羅川真里茂
 本体価格:390円(税込409円)送料別
 出版社:白泉社
 サイズ:コミック/187p
 発行年月:2006年06月
 ISBN:4592183630
 By.楽天ブックス
 公式ホームページ:PariPari Marimosenbei
posted by さざなみ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】少女マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所7

 
 7巻デース。
 ホラーファンタジーだったんですね。あまり意識してなかったですが、そういわれればそうかも。
 強化合宿の真の目的が明らかに!
 ウダウダ教えている暇なんぞないと言わんばかりに、魔監獄の霊が襲いかかってきます。
 霊と戦いながら、自身を磨けと考えるペイジさん。
 だがしかし、そこには1匹?の霊の、計画が。
 全員死亡必至な事態に追い込まれてしまうが、そこでロージーは気持ちも新たに直式魔縛りを成功させ、一回り成長する。
 一方その頃、ムヒョ達は冥王ルアラリエとの契約。
 契約時は、使者と使者が手合わせをするのだそうだが、今回も。
 ユウリとルアラリエの手合わせ。
 いやはや壮絶な手合わせだ。

 エビスと五嶺の出会いもあるヨ!
 ちっちゃい五嶺は可愛いなぁ。彼、女じゃないの?そういう設定を望む!
 その五嶺ですが、禁魔法律家達を一掃しようとあちこちに呼びかけ、そして彼らのアジトをいくつか突き止め、彼らは沸き立っていたのだが。
 本家が焼き討ち!
 焦る五嶺の前に、禁魔法律家のトーマスが現れる。

 またしてもピンチ。ピンチ。

====
BookData
 ジャンプ・コミックス
 著者:西義之
 価格:本体価格390円(税込409円)
 出版社:集英社
 サイズ:コミック/189p
 発行年月:2006年08月
 ISBN:4088741447
 By.楽天ブックス
ラベル:ムヒョロジ
posted by さざなみ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】少年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

そんなんじゃねぇよ9

 
 最終巻ですよ!完結しましたよ!
 オメデトォーウ(ドロップキック)。
 
 このマンガ、筋とは絡んでいるようでいないようなステキ言動がたっぷりあります。
 もう、涼子さまとか烈ちんがかなりお気に入りな私。
 日頃思っていることをサクっと言ってくれる彼ら、えらく爽快。

 九巻の名言。
 「努力しなきゃなれない幸せなんて幸せじゃないっ」
 「なんつーの?昔のひたった恋バナって眠くなんない?まして愚痴&怨念系の「アタシ可哀相」話ってさー」
 「どーして男ってのは、ああいう「天然入ったカワイイコ」に弱いのか!天然なわきゃねーだろッ女は生まれつき女優!!」
 ううう。わかる。わかるよ。
 ああいうののほうがウケが良いんだよね...。世の中。
 涼子さま!一生ついて行きますよ!

 あ。なんかストーリーのことはなにも書いてませんでしたが、平たく言うと真宮家の謎が解けて哲ちんとハッピーエンドってことです。
 良かったねぇ。静たん。
====
BookData
 Flower comics
 著者:和泉かねよし
 価格:本体価格390円(税込409円)
 出版社:小学館
 サイズ:コミック/1冊
 発行年月:2006年07月
 ISBN:4091305407
 By.楽天ブックス
posted by さざなみ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】少女マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

ブリーチ23

 


 今回の表紙は一角さん。
 てか、私の中では一角さん、ザコキャラだったんだけども、なんだか作中ではそうでない扱い?
 ビミョウに思惑が外れてしまったなぁ。

 まずは、ウルキオラが藍染に報告するところから始まりますよ。
 この巻から、ちょっとの間だけ現世で活動することになる死神ズ。
 おのおの寝床を探しに散っていくわけですが、グリムジョーを先頭とする複数のアンカラルどもが、藍染の決定に反し、霊圧あるもの全てを根絶やしにすべく奇襲をかけてきた。

 それに対峙していく死神ズ。
 ようやくルキアたんの斬魄刀の力と名前が解りますよ!
 しかし、日番谷くんと能力がかぶってんなぁ...。
 なんか隠し技持っていそうですね...。
 そうでないと、なんか作者の入れ込みのなさをより一層露呈することになるんでは。
 この後の展開もそうですが、作者、織姫に気合い入れすぎ!
 気合い入れれば入れるほどに、読者に嫌われていく織姫不憫。

 一応、今回の戦いの主役は一角さんのようです。
 隊長格しかできない卍解を隠し持っていた彼。
 自分が楽しむためだけに刀をひたすら振るいます。

 まぁ、サブストーリーやらVジャンプに載っていたやつやらがあるので、そこも楽しみのひとつですよ!
 いつかカラブリミックスもまとめて載せてくれないかなぁ。
====
BookData
 ジャンプ・コミックス
 著者:久保帯人
 価格:本体価格390円(税込409円)
 出版社:集英社
 サイズ:コミック/188p
 発行年月:2006年08月
 ISBN:4088741404
 By.楽天ブックス
posted by さざなみ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】少年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

NARUTO34

 
 ナルトも気が付けば34ですか。早いなぁ。
 えーと、サイが大蛇丸側についたということで、裏切りに怒るナルトとサクラ。
 その頃、サイはサスケと会う。
 サスケは成長し、禍々しいチャクラを身につけ始め...。
 サイを追い、アジトに侵入するヤマト、ナルト、サクラ。

 なんだか話は二転三転して、各自の任務と思惑を読み合うような展開です。
 最終的に、サスケと対峙するわけなのだけど、彼の悲しき決意の前には結局なす術が無く...。
 そしてサスケはナルトの九尾のチャクラを凌駕するほどに強くなっていました。

 ...表紙の三人はカケラも出てきてないなぁ。
 ナルトは面白いのだけども、こうして紹介しようとすると、なんか文章が短くなりがちで申し訳ないです。
====
BookData
 ジャンプ・コミックス
 著者:岸本斉史
 価格:本体価格390円(税込409円)
 出版社:集英社
 サイズ:コミック/187p
 発行年月:2006年08月
 ISBN:4088741382
 By.楽天ブックス
ラベル:NARUTO
posted by さざなみ at 21:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】少年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所6

 
 連続紹介失礼。6です。
 5巻の終わり頃に、五嶺と事務所をかけた戦いを始めたムヒョ達でした。
 負けた方がこの地を去るというもの。
 ムヒョの能力を考えると、圧倒的にあちらさんが不利なのですが、策を用いて何とかしようと頑張ってみたり。
 結果的にはムヒョ達の勝利に見えますが、ナナの口寄せの力を借りたりしたのだからフェアではないと言い、結局は事務所を手放すことに。

 悔しさのあまりに、ムヒョに気持ちをぶつけるロージー。
 「何でなにも教えてくれないのさ!」
 遠回しに色々と教えられていることに気づくことができないロージー。

 ムヒョはロージーを一時的に側から離し、今井さんの元へ。
 そしてロージーは強化合宿に参加することとなり、自分の力を見定めていくことに。
 ただし、この強化合宿、ヒトクセもフタクセも。
 一方その頃ムヒョは、今後ますます激しくなる戦いを予想し、地獄の6王の1人である冥王との契約を、ヨイチとビコと共に敢行する。それは未だ誰も試したことのない契約。
 
 ムヒョとロージーの出会いの話もありますよっと。
====
BookData
 ジャンプ・コミックス
 著者:西義之
 価格:本体価格390円(税込409円)
 出版社:集英社
 サイズ:コミック/193p
 発行年月:2006年06月
 ISBN:4088741129
 By.楽天ブックス
ラベル:ムヒョロジ
posted by さざなみ at 21:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】少年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。