2007年06月17日

北海道キャラクターガイド




 ブログがどーとかいう本が続いておりましたので、ちょっと違うモノを紹介したい気分でした。
 これは、いわゆる「キャラ本」です。

 しかもただのキャラ本ではない。
 北海道の様々なマスコットキャラクターがみっちりと詰まっておりますよ!
 有名なものでは、HTBのonちゃん日ハムのBBコンサドーレのドーレくん。
 それ以外にも、テレビ塔のテレビとうさんのようなその場所のキャラクターや、市町村マスコットが、全部載っておりますよ。
 こんなキャラもいたのかと、なかなか面白く眺めることができます。

 個人的には、札幌市役所のキャラクターがイチオシ!
 名前が無いようですが、公募してみてほしいものです。
 都市開発課が発行している「まち本」に出ているキャラなのですが、札幌市のページでWeb版発見!
 もう1人のキャラクター、時計大臣と一緒に解説しておりました。
 タラコクチビルの彼をぜひともよろしくお願いします。

 こんなにたくさんのキャラがいる北海道、ステキじゃありませんか。

====
BookData
 MG books
 著者:北海道neo観光プロデュース
 本体価格:1,200円(税込1,260円)
 出版社:エムジーコーポレーション
 サイズ:単行本
 ページ数:127p
 発行年月:2006年04月
 ISBN:9784900253186
 ホームページ
posted by さざなみ at 18:33| 🌁| Comment(0) | TrackBack(5) | 【本】北海道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

もう迷わない新顔野菜とエコレシピ

 VGRVs.jpg
 いや、カテゴリをどこにするか迷ったんですが、クナウが発売しているモノですし、コチラにしました。
 最近、なんかフシギな野菜をよく見かけますよね。
 ヤーコン、カラフルポテト、ズッキーニ、チコリ、ビーツ、スティックセニョール。
 こないなお野菜、どうやって食すのか全く皆目見当も付きませんね。
 まぁ、カラフルポテトは解りますよ。ポテトだもん。
 だけど、簡単に素揚げとか、そういうことにしか使ってない...。
 でも、ヤーコンなんて、思いつきもしませんよ?
 この本は、そういう悩みになんぼか応えてくれると思うんですよ。
 ヤーコンの調理法がなんとなく開けてきたのは、私にとっては大きい収穫でしたね。
 他にも、新顔野菜以外に、普通に使われているお野菜のレシピも載っています。
 自分のお料理バリエーションを増やすためにも良いですし、写真もキレイで良いですよ。
====
BookData
 クナウマガジン
 本体価格:530円(税込556円)
 出版社:クナウマガジン
 ページ数:88p
 発行年月:2006年7月
 ISBN:4-902502-06-2
 公式ページ:Webスロウ
posted by さざなみ at 22:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】北海道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

僕たちの移住

 僕たちの移住.jpg
 北海道が好きで、2度ほど移住を繰り返し、現在は上士幌に住む松岡夫妻の本です。
 ご夫妻は、居辺というところに現在居を構えているのですが、元々そこは牛舎の廃屋。
 上士幌はどこ?という方、多いでしょう。この辺です
 その牛舎を買い取り、家に変えていったのです。
 いやぁ、なかなか興味深いです。
 最初に土地を手に入れるまで、そして屋根を張り替えたり窓をつけたり、そして周囲にハウス。
 徐々に作っていって、3年かかってできあがったMyハウス!
 詳細に載っているので、家作りに興味がある方は見てみてはいかがでしょうか。

 ところで、カレシが上士幌の出身なんですよ。
 なので聞いてみました。
 私「上士幌のさー、イベ?ってどこ?」
 彼「...あー、居辺ね」
 私「どんなとこ」
 彼「なんでそんなこと聞くの」
 私「カクカクシカジカ」
 彼「ははぁ。なにもないよ」
 私「はぁ」
 彼「言い換えると、『本州人の好む北海道の景色』の場所だね」
 私「なるほど」
 よく見ると、この松岡夫妻、どちらも本州の人。
 そういう景色に出会える場所です。
====
BookData
 松岡つとむ・松岡えりこ
 価格:1,300円(本体価格1,238円)
 発行:北海道新聞社出版局
 ISBN:4-901644-63-7
posted by さざなみ at 15:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】北海道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

YellowPage OF SAPPORO 2006

 YellowPage2006.jpg
 ...なんか巨大になりましたね。薄くなったし。
 フシギなサイズです。
 主に食に焦点を当てているのは相変わらずですが、でもそれ以外もなかなか充実しておりますよ。
 ただ、色々なものにスポットを当てているので「広く浅く」な本であることには違い無しです。
 各カテゴリは「街の達人」という人のオススメのお店が大きくコマをとられ、その後小さめのコマでスタッフのオススメ?のお店が並ぶという、ページ割り。
 私もこの手の本はかなーりな数買っているので、いわゆる「本の常連」な店ってのが存在するのは知っております。
 そしてそれはこの本でも多く登場。
 達人と言われる人の紹介ページでソレが多いと、スタッフ編集ページでそうでもないのを紹介、など、そういう雰囲気あり。気のせいかな。
 
 この本で残念なところは、各ページの店の並びが50音順であること。
 「札幌市」と行っているのだから、「区」で分けて欲しかったです。
 こういう本を手にとって店を探す時は、ジャンルと区域だと思うのですよ。
 なので、50音順って何の意味もないと思います。
 ソレができなければ、区域別の目次をつけるとかしてくれても良かったのではないでしょうか?
 あと、コンセプトとして違うのかと思いますが、予算別のインデックスも欲しかったなぁと。
 それはちょっと欲張りすぎですかね。

 飲みに行く時に道端で見る本とは違う感じがします。
 予め偵察として使う本かと思います。
====
 発行:株式会社イエローページ
 価格:800円
 ISBN:4-900835-31-5
posted by さざなみ at 23:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】北海道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

ほっかいどうナチュラルチーズの本

 ほっかいどうナチュラルチーズの本.jpg
 札幌東急百貨店では、毎年「ミルク&ナチュラルチーズ」というイベントをやっているのです。
 これは、今年のその会場で無料配布されていたものです。
 北海道でナチュラルチーズを北海道の牛から搾乳した牛乳で作ったという歴史はとても浅いようです。
 確かに、私が子供の頃はチーズといえば粉チーズかプロセスチーズかとろけるチーズだったような。
 それがここ数年、十数年で、色々な牧場チーズが登場しだしました。
 そんな歴史から始まり、今現在でのナチュラルチーズを作る牧場や会社の地図と紹介が。
 会社の作っているチーズの種類も一覧になっています。
 ...無料配布でいいんでしょうかね。
 売ってもいいんじゃないかと思いますよ。
 すごく詳しいです。
====
BookData
 発行:ホクレン農業協同組合連合会
 公式ホームページ:ホクレン農業協同組合連合会ホームページ
posted by さざなみ at 23:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】北海道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

北海道フードマイスター

 北海道フードマイスター.jpg
 久しぶりにマンガ以外です。

 えーと、この本の前にも、札幌市公認ボランティア(?)ガイドを検定するための教科書本も出てました。
 受けようかなと思っていて、本は買ったのですが時間がなくて勉強できず。
 さて、この本はというと、「北海道フードマイスター検定公式テキスト」だそうです。
 アレですね。
 野菜のソムリエとかいますが、似たような感じで北海道のソムリエになれってことでしょうか。
 最初の方は、いわゆる序章として色々「ごたく」が。昔はこうだったとか、今はこうなってきてるよとか。
 本文は、その食品の名称、歴史的な話、写真を元に新鮮なものの特徴、保存方法、品種、旬の時期、北海道での主な産地、収穫量、栄養分と効能、調理法、ミニコラム。
 これらが、見開きで載っております。
 これ、子供に見せても良いのではないでしょうか。
 すごいためになる!
 魚を切り身でしか見たことない子のためにも、とても良い教材になりえると思います。
 (というか、ホッケってあんな感じの魚だったっけ...。一番好きな魚なのに!)
 食べたことのない食材も載っていて、この期に及んで北海道に対して新発見してますよ!
 最後には、簡単な栄養学と参考文献。これまたURLまで丁寧に載っております。
 試験を受ける・受けないをおいといても、これはなかなか良い教材だと思います。
 各県でこういう本出せばいいのに。
 かなりオススメです。
 
 なのですが、ISBNもないわけで、本州では手に入らないのかなと。
 そこが残念ですね。
====
 発行:札幌商工会議所
 定価:2100円
 関連ホームページ:北海道フードマイスター認定制度のご案内
posted by さざなみ at 22:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】北海道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

poroco10月号臨時増刊 札幌美食料理店

 札幌美食料理店.jpg
 金もないのについつい脊椎反射で購入してました。
 porocoの別冊シリーズです。
 ここのシリーズは、相変わらず良いですね。うん。

 内容ですが、いわゆる「レストラン」を主に集めたモノです。
 チープなモノではなく、少しだけリッチなお店を紹介しています。
 文章ではなく、写真に重きを置いている感じで、データは以下のものがリストで掲載。
 ・電話番号
 ・交通機関
 ・営業時間
 ・定休日
 ・座席数
 ・駐車場
 ・カードの利用可不可
 ・ホームページ
 ・メールアドレス
 ・子供の同伴可不可
 ・ペットの同伴可不可
 ・ランチ/ディナーのおおよその値段目安
 ・地図

 不可の場合は書いていないようですね。
 ちなみに、レストランの和洋中は、かなりごちゃまぜで掲載されてます。
 記事内にその部分のインデックスがないのが残念。
 本誌内のコンテンツは、「極上」「ぬくもりダイニング」「美食料理店インタビュー」「カウンター」「1人情緒」「美的空間バー」と、地図&目次に分かれています。
 正直に言いましょう。

 このコンテンツ、とても見づらいです。

 最初はどういう作りになっているのか、ちっともわかりませんでした。
 もう少し探しやすいインデックスを希望します。
 厳しいことを沢山書きましたが、全体的にとても使える作りになっていますので、お友達とちょっと良いとこいこうか?って話には是非とも活用してみてほしいです。
posted by さざなみ at 13:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】北海道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

とっておき北海道 MILK50

MILK50.jpg
 最近サンクスにいってなかったので、こんなん出てるとは知りませんでした。
 いやー、立ち寄って良かった。
 
 この小冊子は、北海道内にある牧場で作られたソフトクリーム、アイスクリーム、チーズなどを紹介した本です。
 データは、以下のような感じ。
 ・店名(牧場名)
 ・営業時間
 ・休み
 ・駐車場
 ・URL
 ・売っているモノ
 ・お店(牧場)レビュー
 
 でござい。
 なかなかコンパクトにまとまっておりますよ。
 こういう特集だと、どうしても1地域に固まってしまうので、全地区をまんべんなく紹介しているというのは、ポイント高いですよ。
 私も知らなかったお店をたくさん発見できました。
 お値段の割に中身が凝縮されたお得な本かなと。
 旅のお供に1冊いかがでしょうか。

 ただ、こう。
 発行元がですね、結構昔に、内職どーのでイヤーな電話をネチネチとかけてきて、不愉快な思いをさせられた会社と同じ名前なんですよねー...。
 その部分が非常にシコリが残ります。
 違う会社だと良いなぁー...。
posted by さざなみ at 12:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】北海道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

北海道ロードマップ2005

北海道ロードマップ2005.jpg

 これまた本ではないのですが。

 えーと、道の駅スタンプラリーの必需品、ロードマップでございます。
 私は2004年度版とかは知らないので、これだけの評価ってコトで。

 まず第一に。無料です。
 そして、とても役に立つ内容です。

 表側の北海道地図データ
 ・主要幹線道路
 ・道の駅の場所
 ・ラジオ周波数
 ・主要都市間距離
 ・国道の通行規制基準
 ・ユースホテル一覧

 裏側の道の駅データ
 ・名称
 ・道の駅の外観写真
 ・住所
 ・電話・FAX
 ・どの主要幹線沿いにあるか
 ・開館時間
 ・売店とレストランの営業時間
 ・休館日
 ・etc

 ということです。
 これがあれば、かなり怖いものはありません!皆さんも、ドライブの際はどんどんもらいましょう!
 道の駅事務室や、売店などでもらえます。
 「田園の里うりゅう」では、売店においてました。

 これのポイントは、スタンプ帳を買うときに無条件でくれるものかと思いきや、ちゃんと言わなきゃもらえないコトが多いってとこです。
 隠しアイテムではないのでしょうが、忘れられアイテムなのかもしれません。

----
Book Data etc.
 価格:無料
 監修:北海道地区「道の駅」連絡会
 発行:(財)北海道道路管理技術センター
 公式ホームページ
posted by さざなみ at 22:39| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】北海道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

北海道スープカレー読本

北海道スープカレー読本.jpg

 「北海道」と銘打っているので、カテゴリもそっちにしました。

 えーと。最近東京進出もめざましいですが、札幌では結構前からスープカレーのお店が雨後の竹の子のごとく出てきては、しのぎを削りあっております。
 東京進出ってのは、その結果な訳です。
 札幌でも「勝ち組!」なお店が、満を持して東京進出した感じです。
 そんなスープカレーの本場札幌を中心にした北海道スープカレーの食べ歩きにおいて、第一人者的なホームページを運営しているのが、この著者でございます。
 スープカレーのタイプを独自に種類分けし、食べ方から紹介しております。
 私もスープカレーはブームになってんのかなー?くらいから、ちまちま食べ歩きしていまして、ホームページの方も本の方も参考にさせてもらっております。
 
 本の構成は、「スープカレーとは」から始まり、基礎知識として食べ方・流行ったわけ・分類を説明し、第1章でお店の紹介、第2章でその歴史、第3章でスープと具材の解説、第4章でスープカレーのレシピの紹介。
 ...となっております。

 メインのお店の紹介は、歴史、ロケーション、店名の由来、雰囲気、メニュー、味、辛さ、混雑状況、店主の行きつけ、樺沢の直撃、その他、住所、営業時間、定休日、席数、駐車場、交通、(あれば)ホームページのURL...という項目になっています。
 樺沢の直撃ってのは、著者が気になっていることを聞いてみたというやつです。
 載っているお店は、かなりスタンダードな印象がありますね。
 つまり、札幌のマニアに向けたものではなく、全国的に、誰でも読めるようなものとして作ったのではないかと私は推測しています。
 項目は、なかなかためになるデータがそろっていると思います。
 特に、スープカレーのお店は、超人気店は15時には平日でもスープ切れでお終いってところが多く、予め情報を仕入れておかないと、無駄足を踏む率というのがラーメン屋以上なのです。
 あと、「味」の項目の部分は著者の主観なので、自分が食べたことあるものとの比較によって、相対的に役立てるのが良いかと思います。
 実際、私の好みの感じ方とは違うなと思う部分も多いです。そこを否定するのではなく、その差を念頭に置きつつ、利用していくのが賢いと思います。
 まだ一度もスープカレーを食べたことのない方は、著者の行った「分類」を参考に、色々と想像をふくらませていくのが良いと思います。

 面白いなぁと思った項目は、「店主の行きつけ」ですね。全てのお店に関して書いているわけではありませんが、スープカレー屋の主人は、スープカレーマニアなんですよねぇ。
 なかなか興味深かったです。
 あと、惜しげもなく、スープカレーのレシピと作り方を公開してくださったお店、「プルプル」さん、「らっきょ」さんに敬意を表したいと思います。
 どちらのお店も、とても美味しいです!(もちろん、行ったことありますんで!)

 私が気をつけてほしいなぁと思う点は、写真用に「ええかっこ」しているお店もなんぼかあるということ。
 マスコミ優先なのかなぁと思う部分が感じられるお店ってのを、実際に行って私は何度も体験しました。
 ここではそのお店の名前は出しませんが、期待をふくらませすぎて実際に行ってがっくりしないように、心構えも必要だと思います。

 この本の、ちょっとアレな点は、自分を前に前にと出しすぎているような文章の飛ばし方。
 読んでいて鼻につくときが多々あります。
 それ以外は、スープカレーに色々と接していきたいと思う人には非常に役立つ本だと思います。

 そして。
 私が今一番イチオシのお店は、この本には載っていません。
 なぜなら、この本が出たのは2004年3月。
 そのお店は、その後にできたからです。

 スープカレーは今も発展途上だと思います。
 バリエーションは今もまだ増え続けているし、切磋琢磨は続いているのですから。
----
Book Data etc.
 価格:1260円(税込)
 著:樺沢 紫苑
 発行:亜璃西社
 ISBN:4-900541-54-0
 By.Amazon公式ページ
----
 同じ本をコメントしているBlogさんはコチラ〜
 えみこの読書日記。
 究極のスープカレー
posted by さざなみ at 17:07| ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | 【本】北海道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

札幌 上等なランチ

札幌上等なランチ.jpg
 なんか最近、カテゴリで「北海道系」と「食」で分けづらいものが多いような。
 ...その当たりは適当に分けていこうと思っています。
 
 この本は、2002年に発行され、2004年に第3刷がかかりました。
 ずっと前から存在は知っていたのですが、なぜか買う機会に恵まれず、買うまで3年かかったという、謎な代物です。
 内容は、フレンチとイタリアンのレストランを中心に、ちょっと贅沢なランチを食べましょう!という趣旨の本。一応、日本料理や中華も載っています。
 よく考えたら、今までこういうコンセプトで本が出たことはなかったと思いますね。
 お店は札幌ばかりで70件弱載ってまして、「北海道スロウフード宣言」が出た直後?直前?くらいなので、道産の素材を大事にするお店が多く見受けられます。

 紹介内容は以下の通り。
 ・料理や店の内装/外装の写真が数枚
 ・お店のレビュー
 ・こぼれ話っぽいもの
 ・住所
 ・電話番号
 ・ランチタイム
 ・ディナータイム
 ・定休日
 ・席数
 ・予約の可不可
 ・簡単な地図
 ・ランチのコース内容
 ・ディナーのコース内容
 これらを、見開きで1店紹介、もしくは1ページで1店紹介というパターンです。
 どれもこれもとても美味しそうです。

 ランチの料金は、通常1500〜2500円くらいのお店。少し値がはるような?
 でも、安いランチも良いですが、ちょっとお値段がはるお店で上質なサーヴィスを受けてみるのも、オトナならではの楽しみだと思います。

 惜しいのは、「第3刷」であって「第*版」ではないところです。
 つまり、営業時間・定休日などの状態は2002年当時のまま。これはイタイ。
 あとは、駐車場の有無が書いてないところ。車移動の多い北海道人的には致命的なダメージです。
 この本を見て出かけるとなると、少し事前にリサーチをした方がよいかもしれません(行ってみてお店がない!とかの悲劇は避けたいですよね)。
 他に個人的に、インデックスは地域(区)ごとのも載せてほしかった...。
 とはいえ、データ類はとても良くそろっているので、行き先の絞り込みには十分に耐えうると思います。
----
 発見した違い。
 ・ケケレは別のお店になっていました。オーナーが同じかどうかはわからず。
----
Book Data etc.
 価格:1500円(税込)
 著:深江 園子
 発行:メイツ出版
 ISBN:4-89577-646-8
 By.Amazon
posted by さざなみ at 23:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】北海道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

じゃらんdeデート&ドライブ'05-'06

デートドライブ05.jpg

はいー。毎年買ってるシリーズですよー。
今回のカテゴリを列記していきますよー。
「花の名所&お花畑」「シーニックポイント」「足湯」「果物狩りスポット」「注目のアクティビリティ」「新・北海道遺産」「無料の絶景露天風呂」「動物園・水族館・テーマパーク」「絶品アイスクリーム」「夕景スポット」「ゴルフ」「話題のご当地グルメ」「公園」「人気の日帰り温泉」「乗り物」「カフェ&レストラン」「貸切り露天風呂」「こだわり逸品」「ブティックホテル」「道の駅の人気の一品」

はい!どれがオススメか、ですか?
私のお薦めはですね、ズバリ「道の駅の人気の一品」でしょう。
今年の道の駅スタンプラリーも始まりましたし、それにあわせてコレを持ってドライブ!ってのが良いパターンでないかなーっと。

まぁ、足湯とかも流行モノですからねー。
シーニックポイントとかも流行というか推奨?
年々微妙なカテゴリも増えている気がしますけども、全体的には買っても損はないと思われます。
----
Book Data etc.
 価格:880円(税込)
 発行:リクルート北海道じゃらん
 ISBN:4-89807-753-6
 By.Amazon
posted by さざなみ at 22:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】北海道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。