2007年06月23日

迷宮キングダム・リプレイ1・2

  
 これはいわゆるリプレイというもので、TRPGのプレイしている内容を録音し、そこから起こしたおしゃべりの様子をそのままセリフのト書きとして本に収録したものです。
 もちろん、「そのまま」というのは方便で、実際には冗長的な部分や話に関係のない雑談、言葉尻の統一などなど、編集はされております。確か。

 このリプレイは、システムは「迷宮キングダム」で、GM(話の進行役やルールのジャッジする人)はシステムを作成した河嶋さん。そしてPL(一緒にゲームを進める人)は昔から慣れ親しんだメンバーが担当しております。
 内容の進行としては、まずPLが操るキャラクターの作成から始まり、アドリブもたくさん交えながらキャラクターの住む「国家」の作成を行う様子。
 次に、実際のTRPGのプレイに入っていきます。
 キャラクターの住む「暗黒不思議学園」に一人の転校生(これもPLのキャラクター)が来るところから始まり、PLのキャラクターの父と対峙したり、別の国に招かれて濡れ衣を着せられたり、そりゃーまぁ色々と行ったり来たりしながら、お国が大変な目にあったりキャラクターはどんどん成長したり(PLも成長していきます)。

 と、ストーリーの説明はそんなところで終わらせますが(上の短い文章でもネタバレになってしまい、すいません)。
 ここから個人的な話。
 私、いわゆる「リプレイ」って、ほとんど「読めない」んですよ。
 市販のリプレイと呼ばれるものは、本編を5ページを読み超えることがほとんどできないのです。
 つまらなくて。
 (一応言っておきますと、私はどんな小説でも最初に本編を5ページほど立ち読みしまして、続きが気になるものじゃないと購入しないのです。金の無駄になりますから)
 リプレイを書くなら小説にすればいいのにと思いながら棚に戻すことがほとんどです。

 さて、このリプレイはどうだったのかというと、私が今まで読んだリプレイの中では、かなり好感度は高いです。
 私は、リプレイは雰囲気を楽しむ物という側面よりも、ゲームのやり方を勉強する物という側面に比重を置いて読んでいるのですが(なにせ私もTRPGは遊ぶのでして)、このリプレイは戦闘のやり方やスキルの使い方も解りやすくほぼ図解で示されていて、この本で初めて「迷宮キングダム」に触れた人も解りやすいのではないでしょうか。
 そして、会話の軽快さは群を抜いています。
 PLやGMの人がちょっとネット上で個人的に知っている人がいるということを抜きにしても、言葉の掛け合いの妙を楽しむことができると思います。
 (ただ、JOJOネタとか説明もなくデフォルト扱いされているものがあるので、ちょっと注意が必要)
 ストーリーの持っていきかたも、熟練のGMさんPLさんの息の合った持ち込み方がスバラシイです。
 や、私はこんなプレイは無理でございます。

 ただひとつ、このリプレイの気にくわないところ、それは「(笑)」が多いこと。おそらくこんな小さいことが気になっているのは私くらいかと思いますので、気にしないでくださいませ。

 聞いた話では、これを読んで迷宮キングダムをやりたいという人も。
 楽しさとわかりやすさは伝染するのですよね。
 TRPGを知らない方も、是非どうぞ。
 そしてTRPGを知っている方も、是非是非。
 1巻のあとがきで近藤功司さんも書かれています。「出会いはひとつ、世界は無限」なのです。

====
BookData

黙示録の乙女(プリンセス・アポカリプス)
迷宮キングダム・リプレイ1
富士見文庫
著者:河嶋陶一朗 /冒険企画局
本体価格:580円(税込609円)
出版社:富士見書房
サイズ:文庫
ページ数:262p
発行年月:2007年04月
ISBN:9784829144978

災厄の王子(プリンス・カラミティ)
迷宮キングダム・リプレイ2
富士見文庫
著者:河嶋陶一朗/冒険企画局
本体価格:580円(税込609円)
出版社:富士見書房
サイズ:文庫
ページ数:285p
発行年月:2007年05月
ISBN:9784829145012
posted by さざなみ at 22:36| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 【本】TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

Role&Roll vol.12

RoleRoll_12.jpg
 ついこないだ発売された最新号でございます。
 今回の特集は、ソードワールドの歴代リプレイライターの座談会です。
 前回に引き続き、こういうのがあると読み応えがあってファンにはたまらないですね。
 (ただ、私はリプレイは面白おかしく読むものではなく、ルールを実践的に勉強するものという位置づけなので、これらのリプレイはあまり読んでいません)

 全体的に注目したい記事は特にないというか、普通に良いボリュームなのではないかなと。
 個人的にふと思ったのですが、地図系のデータがないのですよね。迷宮キングダムの地図だけかな。
 なんかこう、絵的な盛り上がりがないというか。だからきっといつまで経っても他の記事に関心を持てないのかなぁ...。
 昔あった、「ウォーロック」というTRPG雑誌の、「二つの川の物語」や「カザンの戦士達」とか、そういう目で見て解る記事があまりにも無い。
 ...結局は、知っている人が買えば良いってことかしらん。初心者向けではないってことかな。

 と、なんだか思いました。
 だからなんだと言われれば、その通りなんですがね。

 あ。月刊化するそうです。
 つまりは需要があるということなんですよね。喜ばしいことです。
----
Book Data etc.
 価格:950円(税込)
 発行:新紀元社
 ISBN:4-7753-0395-3
 公式ページ
posted by さざなみ at 23:48| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

Role&Roll vol.11

RoleRoll_11.jpg

 ええと、TRPGの雑誌でございます。
 色々なシステムのサポートがされていますよ。多分。
 
 一応、サポートされているシステムを上げると、
 GEHENNA、真・女神転生3TRPG、ソードワールド、迷宮キングダム、ウィザードリィRPG、サヴェッジ・サイエンス、ガンドッグ、六門世界RPG、無限のファンタジア、ゴーストハンターRPG02、扶桑武侠博、ローズ・トゥ・ロード、クトゥルフ・ダークエイジ、ユエル・サーガ。
 このほかに、いつもの愉快コミック「スピタのコピタの!」とか、コラムがいくつか。

 個人的に読み応えが割とあるかなと思ったのは、特集記事の「GM座談会」かな。
 4人のTRPGを制作している側でGMもやる人(やらない人はいるのか?)が集まりまして、あれやこれやとお話ししているものでございます。

 メンバーは、河嶋陶一郎さん、北沢慶さん、小林正規さん、中村知博さん。
 ...半分しか名前が解らなかった私はゲーマー失格でしょうかね?

 話のネタとしては以下の通り。
 ・自己紹介
 ・GMするときに注意していること
 ・GMをしていて楽しかったこと
 ・GMをしていて困ったこと
 ・GMをしない人へのアドバイス(みたいなもの)
 ・今回の座談会のコメント
 ...なかんじ。
 経歴でいちいち盛り上がるのがゲーマーって感じですよね。
 なんかこう、全体的に面白いです。
 ただ、面白いけどソレを取り入れてどうこうっていうかみ砕いたレベルではなくて、「あー。プロの人ってこんなんなんだなぁ」と、考え方を感心するためのものかなと思ってみたり。
 (だって、シナリオストック20本とか、顔を見てから話を作るとか、ゲームのために頭をこなれさせる時間の多さの差を見せつけられているみたいでなぁ...。私には無理です)

 ゲーマーって基本的に語りたがりの人が多いので、この文章にまとめるのに、どれだけ削ったのかが知りたいですねぇ。
 やまぁ、こういう座談会をこの雑誌で定期連載みたいにやっていくなら、さらに良いのではないかなぁ。
 1回のみで終わらせるのももったいないんでないかな。
----
Book Data etc.
 価格:950円(税込)
 発行:新紀元社
 ISBN:4-7753-0386-4
 公式ページBy.Amazon
posted by さざなみ at 23:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 【本】TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

Role&Roll vol.10

RoleRoll.jpg

 TRPGの雑誌です。
 この雑誌、久しぶりに買ったのですが、表紙の紙の質を落としてたんですね。小さくビックリ。
 内容は、まぁ色々なTRPGシステムのサポートが載っているということで。自分の好きなシステムのがいくつか載っていればオッケェなんでないかなと。
----
Book Data etc.
 価格:950円(税込)
 発行:新紀元社
 ISBN:4-7753-0363-5
 公式ページBy.Amazon
posted by さざなみ at 21:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

無限のファンタジア

image/ripplets-2005-03-12T11:53:14-1.jpg

RPGのルールブックです。
オールカラーとはまた珍しい。
わかりやすいのとわかりづらいのと入り交じりまくり。
索引がなければ路頭に迷っていたかも。
少しテストプレイしてみた感じ、ダメージ負いまくりだというのはよくわかった。
----
Book Data etc.
 価格:3000円(税込)
 作者:うえむら、一本 三三七、トミーウォーカー
 ISBN:4775303619
 公式ページBy.Amazon
posted by さざなみ at 11:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。