2007年05月27日

船乗りクプクプの冒険

 
 初めて読んだのは10歳の時です。
 こないだ、本屋に寄った時に見かけ、懐かしくなり思わず買ってしまいました。

 タローという少年が東京に住んでいたのです。
 タローは、宿題をやるのが嫌で、小説を読み出します。
 その本のタイトルは「船乗りクプクプの冒険」といいます。書いた人は「キタ・モリオ」です。
 海が好きなタローが、いわゆる「タイトル買い」してしまった本で、これから初めてワクワクしながらページをめくると、なんと最初の2ページしか書かれていない。しかも文章もヘタクソ。
 なんぼめくっても、白紙が続くだけ。
 そのずぅーっと後に、あとがきがあるだけ。
 あとがきには「ノートとして使え」とか、意味不明なことが。
 なんだこれ?と、タローが思った時に、めまいがします。
 気がつくと、なんとも砂浜に立つ小さい少年になってしまっているじゃないですか。
 タローはヌボーという大男に「さあ行こう、クプクプ」と声をかけられ、話をし、そこで初めて自分は本の世界のクプクプになってしまっているということを知るわけです。東京に戻りたいと思いながらの船の旅が始まりました。
 そして、キタ・モリオがこの世界に逃げ込んでいるということも、しばらくして知ります。タローもといクプクプは、キタ・モリオに会ってなんとか自分を元の世界に戻してもらおうと考えるわけです。

 薄い本ですし、小学校の時には何日かかかりましたが、今ならほんの数時間で読むことができるわけです。
 年月を感じましたねぇ。

 私は北杜夫の他の本を読んだことはないのですが、ユーモアを出しコミカルに仕上げるために、わざとカタカナをふんだんに使い、解りやすくしているところがとても読んでいて面白く、今でこそよくありますが、自分自身をパロディにするというセンスもたまらないです。懐かしかったです。

 私の「ファンタジー」と理解した読書の原体験はコレかなと思います。
 もちろん、それ以前にも色々と本は読んでいますが、「異世界」とかを意識しながら読んだのは、この本が初めてです。
 「現代」に住む平凡な少年が「異世界」に行くという、今大流行なスタイル、私の中ではその源流なわけなんです。
 そして今見ると一番すごいと思ったのは、昭和37年の7月に刊行されたのですよ。
 その時にこんなユーモラスなファンタジーを書いた著者は実にステキだと思いました。
 今のファンタジーブーム、そのレトロな日本版。
 ちょっと読んでみても良いかと思いますよ。

====
BookData
 集英社文庫
 著者:北杜夫
 本体価格:381円 (税込400円)
 出版社:集英社
 サイズ:文庫
 ページ数:216p
 発行年月:1977年06月
 ISBN:9784087500301
posted by さざなみ at 11:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】フィクション(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43021090

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。