2006年05月22日

LaJU Vol.16

 LaJU_vol16.jpg
  この雑誌を買うのは2回目です。
 一応、見てはいるのですよ。
 買うに至るのは気まぐれか確信か。今回は確信です。前回は気まぐれです。

 まず、表紙が格段に良くなりました。
 去年の今頃のモノは、なんか表紙がかなーりボヤっとしていたんですよね。吸引力がないというか。
 雑誌の顔!っていう吸引力が出てきたと思います。
 なんですかね。カメラマン変わったとか?
 事情はわかりませんが、目を惹く表紙になりましたね。

 全体的に、内容もこなれてきてどの内容も余すところ無く読むことができます。
 前回気になっていた「ターゲットをどこにしているのかよくわからん」的な曖昧さも抜けたと思います。
 だけども、別のところでなんとなく疑問が。
 気になったところは以下の通り。

・「LaJU Life」を散らばしたこと。
 中頃あたりに1〜16まで続けて載せても十分に読めると思います。

・女のスイーツ体験のコーナーが中途半端1。
 「オフィスで」「部屋で」とか小さいキャッチフレーズ、生きてない感じ。
 どうせ「オフィスで」というなら、本当にオフィス向きのものをまとめて載せるとか、工夫があっても良いのではないかと。
 オフィスなら小腹を満たす小さめのモノ(「ふたくちーず」とか)、アウトドアならゴミが出ない固めの焼き菓子特集とか、色々工夫できそう。

・女のスイーツ体験のコーナーが中途半端2。
 住所載せているなら、地図も載せて欲しいのです。
 特に「ケイク・デ・ボア」のような初めての人が行くのにちょっと辛いところは、地図がとても重要。

・イラスト関係に少しちぐはぐ。
 統一感を出すなら、ギャラリーが大和絵だし、写真はアフリカではなく金沢とかだと良いかも?
 いや、これはちょっと思いつきなので、雑誌としてちがうかも。
 アフリカの写真はとても良かったですよ。

・メイクのコーナーも少し中途半端っぽい
 どうせなら、Aの部分に最初に**をのせて、Bの部分にどーのこーのみたいな、「真似の仕方」までやっちゃって欲しかった。

 とはいえ、雑誌としてはかなり「読める」ものになってきました。
 隔月なので急いだ感じもないし、まだまだ伸びると思うので、このまましっとりと充実した雑誌に成熟していってほしいです。
====
BookData
 発行:有限会社ニュートンハウス
 価格:300円
posted by さざなみ at 22:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【雑誌】地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。