2006年03月28日

目の玉日記

 


 なぜか、かなりの確率で失踪日記のとなりに置いてあります。
 よしりんの中では珍しい、完全なる娯楽ドキュメントなマンガです。
 ノンフィクションなので、カテゴリもそっちにしました。

 よしりん、白内障になっていたんですね。
 私は彼の本は全部読んでますが、すごいです。あの絵をほとんど見えていない状態で書いていたなんて!
 アシスタントがとても優秀ってのもあるのでしょうが、正直信じられません。

 内容は、体験したことを正直に書いているので、文章や表現がとても率直で解りやすいです。
 「世界は白く霞んでいてギラギラと乱反射している!」(50pより)
 「わしは、やっと心から安心する場所に辿り着いた思いだった」(75pより)
 「手術中に手術による変化が見えるのが気色悪い!」(94pより)
 ...あげるとキリがないのでこのへんで終わりにしますが、セリフに見たままのモノが絵としてついているわけなのです。ともかくわかりやすい。
 手術の様子が絵付きってのがスゴイ。
 あとがきにも書いてますが、いわゆる体験記なので、専門知識を仕入れることができる「入門書」ではありません。あくまでノンフィクション体験記。
 
 これを読みながら、白内障になったら速攻手術しようと心に誓いました。
 ありがとう。よしりん。

 そして、なによりビックリしたのが、この本、全部書き下ろしなんです。
 この頁数を、一気に、書き下ろし...。
 信じられないスピードとバイタリティだ。脱帽。
====
BookData
 著者:小林よしのり
 本体価格:1,000円(税込1,050円)送料別
 出版社:小学館
 サイズ:単行本/166p
 発行年月:2006年04月
 ISBN:4093890560
 By.楽天ブックス
posted by さざなみ at 21:24| ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 【本】生活マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

見えるって素晴らしい!! /眼の玉日記by小林よしのり
Excerpt: "おぼっちゃまくん"や"ゴーマニズム宣言"等で有名な "よしりん"こと小林よしのりが白内障にかかってたらしい。 よしりんの書き下ろし単行本「目の玉日記」には 白内障にかかった時の見え方や意外..
Weblog: En cuanto a todo debido a FELIZ
Tracked: 2006-03-31 01:54

目玉の健康
Excerpt: 10数年ぶりにメガネを新調した。 近視も乱視も度が進んでいた。しかもちょっと老眼
Weblog: 物欲的日常
Tracked: 2006-03-31 21:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。