2007年02月20日

お伽もよう綾にしき2

 
 ちょびちょびと自分の紹介したいモノから書いていきます。
 ゆえに、結構前の本も混じってきます。今回のように。
 
 毎回、発売をとてつもなく楽しみにしております。
 幸せ幸せ。
 室町時代の話って、よく考えると珍しいですよね。

 少しばかり(?)不思議な力のある少女すずは、百原家に協力し、次代の守護代候補で、前守護代の息子である清丸と共に行動することとなり、那王寺に身を寄せます。
 というのも、すずには名前を付けて支配することとなった(おそらくは管狐の)「おじゃるさま」という、魔物を操り敵方につく妖術師現八郎を退けることができる存在を使役することができるのです。
 この現八郎は、清丸が守護代につこうとすることを邪魔に思う同じく守護代候補である前守護代の義弟勝貞がバックについております。
 さて。このおじゃるさま。
 どうやらすずの育ての親の新九郎と融合?しているようです。
 それを確信し、心中穏やかではないすず。
 中にいる新九郎と話し、涙ぐむ。
 この巻では、そのあたりのやりとりが良いです。ハイ。
 
 そして、現八郎が蘇らせた八重という女。この女もとてつもない妖術師であります。
 おじゃるさまは身を宿らせた笛から長く出られないということを知り、八重は笛を奪い...?
 この先は私も雑誌でチェックしていないのでかなりドキドキですよ!
 早く続きが読みたい!
====
BookData
 花とゆめcomics
 著者:ひかわきょうこ
 本体価格:390円(税込409円)
 出版社:白泉社
 サイズ:コミック
 ページ数:184p
 発行年月:2006年11月
 ISBN:9784592183228
posted by さざなみ at 23:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】少女マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

テガミバチ1




 というわけで。復帰第一弾はコレです。

 この方の絵はとても大好きだったんですよ。
 だけども、話の方がいまいち好みではなく、「ファンタジー描いてくれればナァ〜」と夢見ていたら、本当に描いてくれました!
 毎月、月ジャンをむさぼり読んでましたよ!

 ストーリーは、アンバーグラウンドという土地にて、「テガミ」を届けるテガミバチのお話です。
 テガミバチのゴーシュは、ヨダカ地方コーザ・ベルにて配送があるはずの「テガミ」を捜します。
 テガミはポストにあるはず。
 そのポストには、1人の男の子が。
 男の子の名前はラグ・シーイング。
 彼をキャンベルという地方都市へと「配達」するのがこのお話の始まりです。
 アンバーグラウンドは円形の地形で夜が明けない世界。その中央を照らすのは人工太陽。
 人工太陽に一番近いアカツキ、アカツキから川?を隔てて夕暮れ色に染まるユウサリが周囲を囲み、そこからさらに川を隔てて日の光が少ししか届かないヨダカが取り囲みます。
 ヨダカは危険な生き物がたくさんいて、テガミを届けるのもひどく大変です。
 ゴーシュはその危険な任務を成し遂げ、ラグをキャンベルに送り届けました。
 そんなゴーシュの旅立つ姿を見て、ラグは「僕もテガミバチになりたい!」と、ゴーシュの背中に向かって叫びます。
 そして5年が過ぎました。
 今度はラグから話が始まります。

 世界設定とギミックがとてもとてもステキです。
 絵と相まって、実に魅力的。
 この最初の話の後、ラグが途中で出会う摩訶(マカ)の子「ニッチ」もとてもカワイイ!
 いわゆる萌えです。

 まだ冒険は始まったばかりですし、長く楽しませてもらえそうなマンガです。
 実にオススメ。

====
BookData
 ジャンプ・コミックス
 著者:浅田弘幸
 本体価格:438円 (税込459円)
 出版社:集英社
 サイズ:コミック
 ページ数:187p
 発行年月:2007年01月
 ISBN:9784088743127
posted by さざなみ at 23:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】少年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お久しぶりです

 うそみたいに間を開けてしまいました。申し訳ありません。
 こっそり再出発です。
 去年の夏、派遣先が変わり、上の人がとんでもないパワハラの人だったのです。
 パワハラを2ヶ月に渡って受けていた結果、うつを患ってしまいました。
 「**時までにやってね」と言われた仕事のことを思い出すと食べたものを吐きそうになるという状態。
 ちなみにその人、隣の席なんですが、私が吐き気を我慢して仕事をしているのを見て見ぬふり。
 9月まで、忙しいのも相まって死んだように生きてました(嘘でなく、白髪がすごい増えましたよ!)。
 そのさらに上の人がその状態を見て取り、グループ替えをしてくれたのが10月。
 そこから、プチなうつの自主リハビリをこつこつやりまして、ようやくこのブログも更新できそうな心持ちになりました。
 「いつかブログに書こう」という本は、30冊くらいあります(それでもかなり省いているので、本当は60冊くらいありそう)。
 まぁ、ぼちぼち復活して行けたらなーと思います。
posted by さざなみ at 22:56| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。