2006年06月28日

いぬのきもち7月号

 いぬのきもち_200607.jpg
 今回のおまけは、折りたたみ水入れ。内側がビニール張りになっております。
 早速使ってみましたが、うちのラサはなんともお外ではよっぽど切羽詰まらないと水を飲まないんですよ。
 水を勧めてみるも撃沈です。
 そんなラサが下にいるパソコン机から記事をお届けします。
 2006_0628色々0030_640.JPG
 ...はっきり言って邪魔デスネ。
 
・もっと知りたいココロとカラダ
 今回は目のことです。
 犬は近眼で色盲というのは、よく聞きますね。
 それ以外の話です。まぁ野生の頃のなごりというかなんというか。

・夏の暑さに負けないための千恵と工夫と心がけ
 この時期になると、本当に関東以南のワンコは大変そうだなぁと、どこか人ごとの北海道人&犬。しかも今年は冷夏らしい。
 それでも、日中に散歩をすると、アスファルトは結構ぬくい。いや、熱い?
 そんな私にできることは、日陰を選んで歩くようにしむけることと、なるべく土の上を歩くこと。
 だがこの犬は人の考えごとを汲んでくれず、日向を歩くわ、コンクリを歩くわ...。
 まったくもう。
 まぁ、そんな危険がいっぱいな真夏。
 できる限りのやれることをしましょう。チェックポイントとして活用できそう。

・犬の耳フシギ7
 犬の耳は、17種類の筋肉からできているんだそうですよ!
 知りませんでした。
 なかなかためになります。

・愛犬は家族の帰宅が何分前からわかる?
 あー。うちのアホンダラは、私がチャリで帰ってくるので、チャリの鍵の鈴の音を聞くとスイッチオンです。
 ワキャン!ワキャン!
 なので、2分前ですかね。
 この実験では、なんとも11分前から察知しているワンコもおりました。
 スゴーイ!

・飼い主さんのタイプ別しつけのつまづき直し
 甘やかしてしまうタイプ、根気負けしてしまうタイプ、叱ってしまうタイプ。
 この3種類の矯正方法を解説してます。
 うちは、しつけには、今のところつまづいておりません。多分。
 というか、こいつは今まで自由奔放すぎたのと、あまりにも用心深いシェルティ気質まっしぐらなので、しつけの方法を模索しながらならしていくしかないので、かなり時間がかかる。
 この1年間でできたのは、アイコンタクト、おやつを使っての呼び戻し、おしりをちょと押せばオスワリ。
 それくらい。
 でも。それでも。ともかく楽になりました。
 しつけってとても大切だ。

・留守番中の そそう、吠えグセ、かじりグセ 分離不安かもしれません
 よく聞く話ですが、見極めが必要よ?という話。
 色々なパターンを提示しております。
 うちのに限って言うと、いてもいなくても、吠えてかじってます。
 本気で関係ないようです。ちょっと寂しい。

・ちゃんとシャンプー イチから教えて!
 いやあ、ワンコのシャンプー、すごいですね。
 正直、私はこんなんできません。やってる人は本当に尊敬。
 なので、全部トリマーさん任せ。耳の状態やおしりの状態とか、あとで全部教えてくれます。ありがたい。ありがたい。

・はじめての犬連れアウトドア
 これはですね...。難しいんですよ。
 お外だからと、ついついノーリードにしてしまう人が多いってのが、そもそも間違いでしょう。
 でもやっちゃうんですよね。
 そして、気がつかないところで誰かに迷惑をかけてしまっていることも。
 ここでは言及してませんが、キャンプの時は、特に注意が必要です。
 「犬連れOK」と書いてあっても、それは小型犬だけの話かもしれません。
 まずは、キャンプ場の管理センターなどに電話連絡を入れ、OKな大きさなどを確認し、できうる限り予約しましょう。
 その時の場所は、一番はしっこで。
 他の人に迷惑がかからないよう、ともかく注意を。
 迷惑をかけた人のせいで、犬連れ禁止になったキャンプ場をありますから。

・恐がり直し10日間日記
 FAXがコワイ子、車がコワイ子をならしていこう!
 ...うちのやつは、色々コワイモノがありすぎて、なんといっていいやら。
 治ったワンコは本当にうらやましい。

・光ってアピール!輝いていこう!
 夜のお散歩のお話です。
 そうなんですよ。夜のお散歩は、かなりコワイ。
 うちは、懐中電灯が内蔵されているリードを使ってますよ!
 ドギーマンのやつですが、かなり夜の散歩では重宝しております。
 近所には黒いプードルくんがいるのですが、夜にはチカチカ光るキーホルダーをつけております。目立ってます。
 発光するタイプや、光を反射するタイプなどありますが、散歩のルートによってそれが目立つかどうかはよくわかりません。
 そのあたりの検証もやっていますので、なかなか良い記事だと思うデス。

・夜の拾い食いはこの方法でストップ!
 えーと、本当に犬の拾い食いは素早いので、難しいと思います。
 うちのやつは、モノが落ちていなさそうなルートを選ぶのが精一杯です。

・セラピー犬がやってきた!
 先代犬のルゥさんは、間違いなくなれましたね。
 このアホンダラくんは無理です。
 嘘でなく、犬や猫が自分の座っているそばに来て、ちょこって寄り添っただけでもうストレスなんて飛んでいきます。
 動物の力ってスゴイ。

・いぬのきもち誌上ショップ
 えらく充実してきましたね。
 このレインエプロン、激烈欲しいです。

====
BookData
 ベネッセ
 1200円くらい?
posted by さざなみ at 23:56| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 【雑誌】動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

シンクロオンチ!4

 
 遅くなりましたが、最終巻です。
 きらさんのマンガは大好きで、個人的にはまじめっぽい話よりも、全体的にコミカルで、そのなかでちょっとばかりシリアスな話が混じっているのが好きです。
 一番泣けたのは「まっすぐにいこう」のおじいちゃん犬が死ぬ話だったり。
 まぁ、その話はおいといて、ちょっとばかり太めな松たま子27歳が主人公の、シンクロナイズドスイミングのお話。
 とはいえ、競技として追い求めていくとかではなく、コーチの鎌田さんとのコミカルな恋愛モノでございます。
 裏テーマは、デブでも恋愛してもいいんでないの?って感じです。
 ええそうですね。してもいいと思います!
 だがしかし、だからこそ痩せなきゃ!でもなかなか痩せないの!
 でもでも好きな人はできちゃうの!
 という、むやみやたらなジレンマが、手に取るようにわかります。
 ええ、とても身近な話題ですとも!
 4巻では、ハツラツとした同じような体型の望月さんが。
 フィーリングは合わないけども、体型はあってます...。
 しかも、鎌田コーチのことをちょっとばかり気にかけているようで...。
 そんなオデブさん2人で大会のデュエットをやることに。
 望月さんに振り回され、演技も小さくなってしまうたまちゃん。
 鎌田コーチとの仲もゴタゴタしつつも、大会当日へ。
 や、まぁ。
 これもヒトツのハッピーエンドってヤツですよ。
 ほのぼのと幸せになれるマンガなのです。
====
BookData
 クイーンズコミックス
 著者:きら
 本体価格:400円(税込420円)送料別
 出版社:集英社
 サイズ:コミック/187p
 発行年月:2006年04月
 ISBN:4088653343
 By.楽天ブックス
posted by さざなみ at 22:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】少女マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

大人のための怪奇掌篇




 私は、いわゆる短編小説が好きなのです。
 これはきっと、愛読しているホルヘ・ルイス・ボルヘスの影響がとても強いと思います。
 倉橋由美子さんの本は実に初めて読んだのですが、大人のための残酷童話とか、新訳・星の王子様とかを書いた方のようです。
 それはまたおいおい読むかもしれないとして、この「掌篇」は、20の短編がつまっております。
 第一夜から第二十夜まで。
 夜にひとつひとつと読み進めていくのが正しい形なのかも?
 私は地下鉄の中で、ひとつずつ読んでました。
 地下鉄に乗っている時間は12分。それでひとつ読めてしまいます。
 内容は、ちょっとコワイお話。
 ファンタジーではなく、現代における、ちょっと幻想的なお話です。
 こんな人が、ひっそりといて、こっそりとなにかをしているかも...?という感じ。
 話はストンと入っていく感じで、素直な作りのモノがほとんどで、惨劇的なものではなく、ジワジワときます。
 個人的には、各短編のラスト1ページでちょっとしたビックリ感を味わいたかったかなと思いますが、なかなか全篇楽しむことができました。
 
 ちょっと話は変わりますが、私は基本的に日本人の作家さんは読むに耐えないことが多くて、読後感がよろしくないことがほとんどです。
 村上龍の「半島を出でよ」とか宮部みゆきの「模倣犯」は、全く面白味が感じられず、激しく読後感が悪かった。きっと私の感覚がどこか他の人と違っていたのでしょう。好きな日本人の作家さんは司馬遼太郎さんとかです。主に海外の翻訳物を読んでおります。

 なので、日本人の作家さんは、必ず10ページ近く立ち読みしてから買うことにしています。
 それだけ合わない文体の人が多くて、疑心暗鬼っぽくなっているということです。
 ところが倉橋さんの文体は、とても上品でリズム感があり読むのに苦痛を感じることはありませんでした。
 好きな作家さん、というか、好みの作家さんの文体に出会った時には、いつも文章の後ろに、なにか静かなピアノソナタが流れるようなリズム感を感じるのですが、これも同じように波長があったようです。
 音もなく降る晩夏の霧雨のような、静かでしっとりとした、それでいて少し熱のある文章です。
 めったに文体の波長が合う作家さんには出会わないので、これは嬉しい。
 今度はこの人の本を一通り読破しよう。
 ...と思ったら。
 2005年の6月に他界されていました。
 実に惜しい方を亡くしました。

 いや本当に。
 この方の作品に注目していこうと思います。

====
BookData
 著者:倉橋由美子
 本体価格:1,600円(税込1,680円)送料別
 出版社:宝島社
 サイズ:単行本/220p
 発行年月:2006年02月
 『倉橋由美子の怪奇掌篇』改題書
 ISBN:4796650970
 By.楽天ブックス
posted by さざなみ at 22:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】フィクション(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

富士丸な日々

 


 
 おおーい。ラサ。
 2006_0618色々0023_640.JPG
 ずいぶんとグースカ寝てるじゃないか。
 とうとう買ったぞ。富士きゅんの本だ。
 2006_0618色々0021_640.JPG
 ...なにビクっとしてるのかな。
 さぁ。キミもワン生の先輩として宣伝のお手伝いをするんだ。
 2006_0618色々0013_640.JPG
 なにかね。その明らかな「寝起きで機嫌が悪いです」みたいな。
 そんなそばに置いただけじゃ宣伝っぽくないだろうが。
 こう、足を乗っけてだな。
 2006_0618色々0014_640.JPG
 あのう。富士きゅんの顔にかかってんじゃん。
 どけれ。
 足をどけれ。なんの嫌がらせだか。
 2006_0618色々0015_640.JPG
 なんでしょうか。どけた瞬間からニオイ嗅いでます。
 本ですから。
 それ本ですから。食べ物と違いますから。
 2006_0618色々0016_640.JPG
 あ。飽きた。
 そうですか。そうですか。

 アレですね。犬に宣伝を任せるなと。
 えーと、かなり長くなりましたが、超絶人気ブログの富士丸な日々が本になりました!
 結構前から紹介しようと思っていたのですが、5月はうちのラサの歯石手術やらで金不足。買ってないのに紹介するのはちょっと違うので回避させていただいてました。
 そしてようやく今日手に入れまして、気づいたのですが、5月23日で第2版となってました。
 すごいなぁ。すごいなぁ。
 実は、ブログが開始されてわりと間もない頃からチマチマと覗かせていただいておりまして、ほとんどは知っている内容だろうなと思いながらも、動いている富士きゅん見たさに、ようはDVD見たさですよ。購入したのは。
 音楽が良いなと思ったら、これもとうちゃんさんがやっていたのですか!
 とうちゃんさん、やるなぁ。もうメジャーデビューですよ!
 あとはウニファミリーと共演するとか!
 ロッキーと共演?してみるとか!

 エピソードとかDVDは、ブログを見ている人でも必見。
 いや、むしろブログ見ている人こそ見るべきではないかと思うのです。
 動く富士きゅんが!たくさん!キャー!

 富士きゅんがコミカルな表情や動きをするのも、それはとうちゃんさんの愛情の賜物だと思うのです。
 いつまでも奇妙な共生生活をブログで見せていって欲しいと思います。

====
BookData
 著者:穴澤賢
 出版社:ベストセラーズ
 サイズ:単行本/144p
 発行年月:2006年05月
 本体価格 1,143円 (税込 1,200 円) 送料別
 By.楽天ブックス
 ブログ:富士丸な日々

 ちょっと表に書くのはアレな部分は、下にあります。
 ↓
続きを読む
posted by さざなみ at 23:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

ウルトラジャンプ6月号

 ウルジャン200606.jpg
 10日以上放置してました。
 突然やる気がなくなることもあるもんです。
 月に1回はそういう時期が来ますねぇ。なんなんだろうか。

 しかも、5月号は気がつけば買うの忘れていたし。
 自分にガックリです。

・スティール・ボール・ラン
 スティール夫人、大ピンチ。
 マウンテン・ティムに続き、この人も死ぬのか?
 と思ったが、そこは荒木大先生。んな簡単なもんじゃない。
 ブラックモアもやはり異常です。ソコにシビレルアコガレル!

・天上天下
 ちょっと愛文の死に方...ああ、まぁいいか。子供だしな。
 猩の特技、いいなぁ。面白い。

・皇国の守護者
 沈黙したまま、続く白兵戦。
 そこにバルクホルン達が駆けつける刹那、兵を集め、鼓舞するでもなく語る。
 そして、撤退するための、ただ一度の射撃。
 騎兵って、陸戦においては本当に使いどころによるんだなぁとしみじみしてます。

・ニードレス
 ブレイド大活躍。靴下、好きなのね。
 左天はアレですかね。温度を操るのかね。

・クロスロオド
 今、ウルジャン誌上、最もアツイまんがです。
 メイ様はリリースされましたが、おそらくジュリエットが次のアルジャンヌだろうなぁ。
 逞しいジェニファー、カコイイ。もっとカワイイ髪型になることを祈る。
 これは今のコレは、なんていうか、個性がないというか、みすぼらしいというか。ウーン。
 次回でメイ様と合流して欲しいなぁ。

・DOGS
 ドア越しの撃ち合い、めっさカコイイ。
 しかし話は進まない。

・休載
 銃夢、グランディークリール、忍空。
 予想より、多かったな。

====
BookData
 発行:集英社
 価格:520円(本体価格495円)
posted by さざなみ at 18:36| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【雑誌】マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

栄養成分&アレルギー原材料情報ガイドブック

 ミスド2006_01.jpg
 気がつけばリニューアルしていました。
 2006年3月発行だそうです。
 各ドーナツの栄養成分、特定アレルギー原材料が使われているかどうかの記述が、一覧で書いてあります。
 今年版?からは、準特定アレルギー原材料も書かれておりますよ。
 準アレルギー物資って、こんなにあったんですね。
 ビックリしました。
 ドーナツと主に関わっているのは、大豆ですね。
 まぁこんな感じ。↓
 ミスド2006_02.jpg
 興味のある方は、クリックして大きい画像で見てみてくださいませ。
 なかなか興味深いです。
====
BookData
 発行:ミスタードーナツ
 無料配布
posted by さざなみ at 22:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】食に関するモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

YOSAKOIタイムス2006

 YOSAKOIタイムス2006.jpg
 前回の記事で、タイムスケジュールがないと書いてましたが、それはコチラでした。
 新聞形式で発行されてます。
 発行元は、株式会社あるた出版。
 札幌の出版社です。
 にしても、これはまさに私が欲しかった情報!
 全チームがどこで踊るかが全て書かれております。
 最終日は日曜で、この日私はチームのおっかけまがいなことをしているのです。
 そのためには、この情報が必須なのです。
 この中には、会場別のスケジュールと、チーム別のスケジュールと2パターン載っていますよ。
 実に理想的です。

 最後に、私の好きなチームを無駄に列挙しておきます。
 ・男気流:多分、日本一練習量の少ないよさこいチームです。どうみても族にしか見えません。
 ・平岸天神:優勝常連チームです。
 ・婆ぁYOSAKOI:平均年齢...今回何歳でしょうかね。おばあちゃんチームです。
 ・台湾ランタン祭り隊:華やかでキレイだ!

 あとは、学校系のチームはどれを見ても華やかで元気があり、良い感じ。
 このように、特定チームのおっかけやる人間には、必須です。
 買って損無し!
 見物には台か脚立を持って行こう!
====
BookData
 発行:株式会社あるた出版
 価格:200円
posted by さざなみ at 22:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本】others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。